ページ上へ サイト検索 検査キット

Y染色体を用いた父系統ハプログループの研究

B!

ミトコンドリアDNAを使った祖先解析の話をしましたが、Y染色体もミトコンドリアDNA同様、突然変異等が起こらなければ遺伝子の変化が生じずに、父から息子へとそのまま伝わるDNAです。しかし、Y染色体を用いたヒトのルーツを探る研究は、これまでなかなか進んでいませんでした。なぜでしょうか。それはミトコンドリアDNAの塩基の数が1万6000塩基対程度であるのに対して、Y染色体はその3,000倍以上の5000万塩基対もあるからです。その数の多さから、Y染色体全体にランダムに含まれている変異の全てを調べて系統関係を明らかにすることが難しいのです。しかし、近年、Y染色体の系統関係はかなり詳細にわかってきて、2002年、18の大分類と153のハプログループの標準化がなされました。

Y染色体を用いた父系統ハプログループの研究


遺伝子、遺伝子検査についてもっと知りたい方へ

このページを作成するにあたり、参考にしている書籍等を紹介します。

その他の遺伝子、遺伝子検査に関する参考資料はこちら。
  参考資料一覧